読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱毛器のネコ

家庭用脱毛器の愛好家。毛むくじゃら。今まで脱毛器を7つ以上も購入し、総額66万円以上使いました。実際使ってみた効果などをレポートします。

ケノン永久脱毛口コミは?自宅でできない?【男性の髭は?】

ケノン
f:id:thranduil_mirkwood:20170228123734j:plain

脱毛サロンや脱毛器による脱毛で永久性を求める方がいますが、現在永久脱毛と呼べるものは針(ニードル)脱毛のみと言われています。

針脱毛は、別名「電気脱毛」とも呼ばれており、限られたクリニック・サロンでしか施術をしてもらうことができません。

一昔前までは、家庭用の針脱毛器も販売されていたようなのですが、現在国内では販売されていないため海外から輸入するしか術はありません。

そもそも針脱毛は、アメリカでは130年以上の歴史・実績を持つ脱毛方法で、1つ1つの毛穴に対し微弱な電流を流すことで脱毛を促す脱毛法です。1つ1つの毛穴に対して施術を行うため、施術時間が長い上にかなりの痛みを伴うということで、途中でリタイアしてしまう方も珍しくありません。

また、施術費が高いということもあって、針脱毛を脱毛方法の選択肢に入れないという人も少なくありませんし、サロン側としても高い技術を要する上、不人気な針脱毛を積極的に取り入れるのは利益になりませんので、今の時代針脱毛は過去の脱毛方法であると言っても過言ではないかもしれません。

ただ、前述しましたように永久性があると言われているのは針脱毛だけですので、痛みを我慢し高額な施術費を出してまで通うという方もいらっしゃいます。

前置きが長くなってしまいましたが、何が言いたいのかといいますと、ケノンには永久性はないということです。

永久性がないのなら買っても意味が無いと思われる方がいるかもしれませんが、IPL脱毛やレーザー脱毛を用いて脱毛を行っている脱毛サロンやその他の家庭用脱毛器も永久性はありませんので、ケノンだけが永久性がないというわけではありません。

また、、永久性はないと言っても、継続的に利用することで永久性を謳っても差し支えないのではないかと思うレベルまで脱毛することができますので、永久性の有無に関してはあまり問題視する必要はないと思います。

ここで重要なのは、IPL脱毛やレーザー脱毛を用いて脱毛を行っている脱毛サロンやその他の家庭用脱毛器も永久性はないといことです。

毛には毛周期があります。休止期の毛が成長期に移り変わることで、数ヵ月後あるいは数年後にひょっこり毛が生えてくることがあるんです。

脱毛サロンの場合、再び予約を入れて高いお金を出して2~3ヶ月周期で何回か通わなくてはいけないという手間がかかります。

ですが、ケノンだったら予約の手間・通う手間はかかりませんし、カートリッジの残量が残っていれば追加購入する必要もありません。しかも、2週間間隔で照射することができますので、脱毛サロンに通うより早く脱毛効果を実感できますよ。